五輪塔
和乃塔
わのとう
2

石造五輪塔は、平安時代後期の遺品を初見とする由緒正しい石塔です。
通常は下から方形の地輪、円形の水輪、三角の火輪、半円形の風輪、宝珠形の空輪という5つの部位で成り立っています。
地・水・火・風・空の「五輪(五大)」は、宇宙を構成する5つの要素、すなわち大日如来のお姿を表すものです。
これは古代インドで生まれた密教の思想です。
日本では弘法大師空海が中国唐から伝え、真言密教の重要な教えとなりました。

本石塔は鎌倉期の五輪塔をお手本に制作しました。
部材構成は下から反花座、請座、地輪、水輪、火輪、空風輪となっています。
特色としては、反花座と地輪の間に請座という台座を採用しています。これは「越智式」と呼ばれる形態で、しまなみ海道沿いに分布する宝篋印塔によく見られます。

本石塔は弊社独自の割(比率)で制作したオリジナル作品です。

※梵字彫刻は参考例です。

DATA

石塔名 五輪塔
石種 庵治石細目(香川県産出)
施主宗派 曹洞宗
サイズ
幅:72cm
奥行き:72cm
高さ:150cm
希望小売価格 ¥8,120,000税込
本体のみの価格となります。〔付属品・字彫り・納骨室(カロート)・外柵・施工費・輸送費等は含みません〕

製品一覧へ戻る

和乃塔
わのとう
1

角柱塔は「和墓」「和型墓石」とも呼ばれる石塔であり、今日、最も多く建てられている形式です。原点は「位牌」といわれています。
江戸時代には墓石を造立する習慣が全国的に、また庶民階層まで普及し、角柱塔が多く造立されました。

本石塔は現代の関東型です。部材構成は下から芝台、中台、上台、竿石となります。前方には水鉢・花立て・拝石・香炉がセットされています。
高級型の特色として、竿石の上端に香箱加工、上台には亀腹加工を施しています。また、水鉢・花立て・香炉にも高級型の加工が施されています。

DATA

石塔名 角柱塔
石種 庵治石細目(香川県産出)
施主宗派
サイズ
幅:81cm(仏石8寸角)
奥行き:121cm
高さ:138cm
希望小売価格 ¥5,680,000税込
本体のみの価格となります。〔付属品・字彫り・納骨室(カロート)・外柵・施工費・輸送費等は含みません〕

製品一覧へ戻る